みんなの肌活

年代別のしわ・たるみ・ほうれい線・ニキビの悩みを解決

トラネキサム酸の効果とその使用における注意点

   

トラネキサム酸とは何か

トラネキサム酸は長らく医療現場で治療薬として使用されてきた歴史があります。
アミノ酸の一種であるトラネキサム酸には、抗炎症作用や抗アレルギー効果、止血作用があり、じんましんや湿疹の治療や止血剤として使用されてきたのです。
このトラネキサム酸に美白効果があると知られたのは、肝斑(かんぱん)への治療効果が認められたことによります。
肝斑はミドルエイジの女性に発生するシミの症状で、頬の広範囲にぼんやりと影のようなシミが広がるもので、女性ホルモンに原因があるとされています。
肝斑の改善効果を分析した結果、トラネキサム酸にはメラニンを抑制する効果があることがわかり、その美白効果が注目されることになりました。
現在、トラネキサム酸は肝斑の治療目的以外にも、シミやそばかすの治療薬として内服薬に利用されている他、美白効果を謳う化粧水などにも利用されています。

トラネキサム酸の効果

肌が紫外線を浴びるとメラニンが発生し、肌にシミができてしまいます。
紫外線を浴びると、肌内部のメラノサイト(色素細胞)に信号が送られ、メラニンという色素が生成されることからシミができてしまうのです。
ここでトラネキサム酸を吸収すると、メラノサイトから送られる信号に含まれるシミの発生原因物質をブロックして、メラニンの生成を抑制できるようになります。
また肝斑が発生する原因には、タンパク質の酵素「プラスミン」がメラノサイトを活性化させていることがありますが、トラネキサム酸には抗プラスミン作用があり、プラスミンがメラノサイトを活性化させることを防ぐことができるのです。
このようにトラネキサム酸は、メラニンを作り出す原因であるメラノサイトの活動を抑制させる効果があるため、メラニンの生成を抑制します。トラネキサム酸を摂取すれば、シミやそばかすを防ぐことができるのです。

トラネキサム酸の使用に際する注意点

このようにシミやそばかす、肝斑などに効果を有するトラネキサム酸ですが、医薬品としても使用される成分であるため使用に際しては注意が必要です。
トラネキサム酸は比較的副作用の少ない成分だとされていますが、使用すると発疹や発熱、かゆみなどのアレルギー症状が発生する場合があります。また、胸焼けや食欲不振、吐き気、下痢、眠気の発症なども引き起こす可能性があります。
このような症状が発生した場合は使用を一時取りやめ、様子を観察する必要があります。
またトラネキサム酸は肝斑を抑制する効果がありますが、肝斑の原因である女性ホルモンの不全そのものを解消する効果はありません。
さらにトラネキサム酸は止血剤としても使われる治療薬です。
手術の直後や外科治療を受けた後など、止血剤が使用される状況においての併用は危険なため、使用に際しては主治医へ許可を取る必要があります。

 - お肌の知識・用語集 , ,