みんなの肌活

年代別のしわ・たるみ・ほうれい線・ニキビの悩みを解決

リン酸型ビタミンCの特徴と効果について

   

ビタミンCを化粧品にできなかった理由

ビタミンCは広く知られているように、美容に絶大な効果を持っています。
メラニン色素を抑制したり、ニキビの痕跡が定着するのを予防でき、肌を白くする美肌効果に大きな力を持った成分がビタミンCです。
しかしビタミンCを化粧品とすることには大きな問題がありました。
ビタミンCは水に溶けると活性を失い、肌へ吸収されにくくなるという欠点がありました。水に溶けると効果が失われるビタミンCは化粧品として加工することが難しかったのです。
またビタミンCは酸化されやすいため、そのまま肌に塗布すると活性酸素を発生させ皮脂を過剰に発生させる恐れがあり、肌に塗った状態で紫外線を浴びると、炎症を発生させる危険性もありました。
このようにビタミンCには高い美白効果があるものの、ビタミンCそのものを化粧品として肌には塗布できないという問題が存在していたのです。

リン酸型ビタミンCの特徴

このように肌に直接塗布できないというビタミンCの問題点を、特殊な加工を加えることでクリアしようと作り出されたのがリン酸型ビタミンCです。
リン酸型ビタミンCは水溶性ビタミンC誘導体と呼ばれる成分のひとつで、水に溶けやすく肌に対して即効性が高くなっているのが特徴となっています。
水に弱く加工しづらいビタミンCをリン酸と結合させることで、皮膚への吸収性を高め、短期間に皮膚に吸収されてビタミンCの効果を最大限発揮できるように加工されたのが、リン酸型ビタミンCなのです。
リン酸型ビタミンCは、通常のビタミンCの8倍ほどの浸透力を持ち、その効果は12時間ほど持続します。
浸透力が高いリン酸型ビタミンCであれば、皮膚の内部にビタミンCの成分が確実に届けられることになります。そして皮膚の内部でビタミンCの成分が長時間が活性することで、高い美白効果を発揮することになるのです。

リン酸型ビタミンCの効果と注意点

このようにリン酸型ビタミンCは、肌に吸収されて長時間活性することで、ビタミンCの効果を最大限に発揮します。
リン酸型ビタミンCは肌に吸収されると、肌内部に存在するメラニン色素のすぐ側で反応し、メラニンの生成を抑えながらメラニンの排出を促してメラニン色素が肌に定着するのを防ぎます。また皮脂の分泌をコントロールして肌を滑らかなものにし、オイリーな肌やニキビ肌など、さまざまな肌の症状を改善してゆきます。
しかしここで注意が必要なのは、リン酸型ビタミンCには皮脂の分泌をコントロールする効果が高いため、肌が乾燥しやすくなる可能性があり、肌質によっては向かないこともあるということです。
乾燥肌や敏感肌、また肌に炎症がある場合などには使用に際して注意が必要となります。
しかし一般的に、リン酸型ビタミンCは、男女問わず幅広い世代の人々にとって高い美肌効果が期待される成分です。
そこで現在では化粧水や美容液など、ローション型の化粧品に含有されることが多くなっています。

 - お肌の知識・用語集 , ,