みんなの肌活

年代別のしわ・たるみ・ほうれい線・ニキビの悩みを解決

化粧品と洗顔法を変えれば変わる!40代の乾燥肌対策

      2016/02/09

乾燥しやすい40代からの肌

しわに悩む女性

40代のお肌はトラブル続き・・・

30代後半の頃から肌がカサカサするなと思い始めていたのですが、40代に入るとさらに乾燥するようになってしまいました。20代からずっと同じスキンケアを続けていたのですが、これでは物足りなくなっていたのです。
肌が乾燥することによって、小じわや肌のたるみが気になり始めました。また乾燥によって、吹出物もできやすい状態だったことから、常に顔の表面がボツボツしている状態でした。
化粧のノリも悪く、小じわの溝にファンデーションが入り込んでしまうことがほとんどでした。

そのため、化粧をしていても、10歳は老けた感じに見えていたと思います。実際、同じ年代の友人の肌と比べても、かなりシワといった年齢肌トラブルが目立っているのが分かるぐらいでした。そのため、ずっと肌に自信が持てずにいました。

40代の乾燥肌は若いころの肌とは全然違います。肌の水分・油分が格段に落ちてしまっています。

40代の乾燥肌に合わせた化粧品と正しい洗顔法に変更

40代の乾燥肌に合った化粧品を選ぶにはポイントがいくつかあります。

まず1つ目は「保湿力の高い成分がたっぷり入っていること」です。

特に保湿力が高いとされている成分が『セラミド』です。
肌の一番外側の角質層は油分が肌バリアの役割を果たし、水分が逃げるのを防いでくれます。
しかし、40代の乾燥肌はその油分も少なく肌の水分が蒸発しやすくなっています。

セラミドはその角質層の細胞間脂質というバリアの半分以上を占めている成分なのですが、油分も少なく乾燥してしまった肌ではそのセラミドも少なくなってしまい、バリアが弱まり更に乾燥が悪化してしまいます。

なのでまずは乾燥した肌に2次バリアとなるセラミドを与えてあげることがポイントとなってきます。

2つ目のポイントは「肌に刺激の少ないものを選ぶ」です。

先程も書いたように、乾燥肌ではすでに「油分のバリア」と「セラミドのバリア」がかなり弱まっている状態です。
いわゆる『敏感肌』の状態です。

そんな敏感肌に刺激を与えることは禁物です。
例えばアルコールやメチル・ブチル・プロピルなどの保存料(防腐剤)です。

化粧品を選ぶ際はこの辺りの成分に注意しながら選ぶと良いでしょう。

40代の乾燥肌におすすめの化粧品

私が多く試してきた化粧品で1番しっくりと感じているのが、アヤナス
です。

40代の乾燥肌にアヤナス

肌に刺激になるアルコールや香料は一切入っておらず。保湿力の高いヒト型ナノセラミドなどの保湿成分がたっぷり入っていることが特徴です。

もちろん肌に合う・合わないがありますので、初めての方には返品保証付きで送料無料のお試しセットがおすすめですよ♪

気になる方は→アヤナスのサイト

40代の乾燥肌のための優しく丁寧な洗顔方法

40代の洗顔方法

丁寧すぎるくらいがちょうどいい

今みなさんはどんな洗顔方法をされているでしょうか。
ゴシゴシ洗っていますか?しっかりと泡立てて泡の力のみで洗っていますか?

力を入れて洗い過ぎると油分が無くなって良くないっていうし・・・

でも毛穴の汚れはしっかり落とさないと意味がないし・・・

こんなふうに悩む方はほとんどだと思います。
40代の乾燥肌にピッタリあった洗顔方法をご紹介しますので今日から実践してみてください。

1,”薬指で洗う”

よくゴシゴシ洗ってしまう人の特徴として手のひら全体を使ってしまっていることが挙げられます。
これでは力が入りすぎて毛穴よごれに圧がかかり、毛穴に戻ろうとしてしまいます。

その結果よごれは落ちず、毛穴が更に開いてしまうことになってしまいます。

そこで、指の中で一番力の入りにくい”薬指”で洗います
この「力が入りにくい」ということを利用してちょうどいい力で洗顔しましょう。

具体的にはよく泡立てた洗顔フォームを薬指のみで小さな円を描くように洗います。

2,流し洗いはしつこいくらいに50回

一般的に流し洗いは3〜4回、多くても7〜8回で済ませてしまう人が多いようです。

しかしこれではせっかく落とした毛穴よごれや洗顔フォーム自体を残したまま洗顔を終了してしまうことになってしまいます。
洗って肌をキレイにしたどころかもっと汚してしまうという結果になりかねないので、ここは面倒でもしっかりと洗い流すことが重要です。

ぬるま湯で50回、これがひとつの目安です。
そんなに?
と思うかもしれませんがそれほど汚れや洗顔フォームはしっかりと肌に残ってしまうものなのです。

洗い残しは肌のくすみになってしまいますので徹底して行いましょう。

最後はタオルでこすらずに、優しく抑えるように水を拭き取り完了です。

参考:マイナビニュース

肌の保湿力をアップさせることに成功

化粧品と洗顔法の変更により、肌の保湿力が格段にアップしました。朝の起床時の肌がもちもちっとした肌触りだったことに驚いたぐらいです。

おかげで、化粧のノリが良くなり、化粧直しの回数もかなり減りました。常に頬にできていた吹出物もキレイになくなりました。乾燥肌が改善されたことで、小じわが徐々に目立たなくなってきました。肌が若返った感じがします。自分でも以前よりも若く見えるようになったのではと思うぐらいです。

ただ、冬の乾燥しやすい時期は化粧品のみだけでは物足りない感じがあったので、化粧水を併用しました。こうすることで、これまでにない肌の潤いを感じることができました。季節や肌の状態に合わせて使い方に工夫することで、より保湿力をアップさせることができるようになりました。

40代の方におすすめ化粧品ランキング(クリック)



 - 40代の肌の悩みと対策